なまけたろうの絵本
頑張りすぎているあなたへ








アフィリエイターの為のアフィリエイトプログラム








ランキングはこちら♪ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


















無添加「和風だし」280円のお試しセットが送料無料!














無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中欧新婚旅行記(6日目 夜のプラハ城コンサート)
★6日目★2007年10月28日(日)★

今日はプラハ城内にある聖イジー教会での
夜のコンサートのチケットを買っていたので、夕方また出掛けました。

夜のマラーストラナ広場
トラムを乗り換えたマラーストラナ広場。
夜景もとっても綺麗です。

プラハ城に一番近い丘の上の停留所で降り、人もまばらな夜のプラハ城内へ。

プラハ城夜景
夜のプラハ城は幻想的。
今日は独立記念日で、旧王宮ではイベントが行われているようでした。
テレビ局の車が城内に何台も停まっていました。

コンサートは18:30からなので、30分前には到着。
入場時のチケットチェックなどは、
黒のロングコートに葉巻をくわえた白髪のダンディーな
いかにもマフィアっぽいイタリア人らしき方でした。
こういうコンサートのチケットってマフィアが管轄してるのでしょうか。

プラハ城コンサートパンフ
今宵のコンサートのリスト。

*J.PACHELBEL「CANON IN D」
*W.A.MOZART 「DIVERTIMENTO D DUR KV 136」
*A.VIVALDI 「FOUR SEASONS」

演奏:PRAGUE ROYAL ORCHESTRA

観光客向けの有名な曲ばかりで、
クラシックに詳しくない私でも楽しめる内容でした。

主人が奮発してVIP席を購入したのですが、
コンサートが始まる前は3列(約30人くらい)のVIP席には
私達二人だけしかおらず、かなり落ち着かなかったです(・・;)
(後ろのA席には沢山の人がいました。)

さきほどのチケット管理のマフィアっぽい人達には
ひそひそと鼻で笑われてるような感じだったし。。。(>_<)

本当に私達だけだったらどうしようと一人落ち着かなかったのですが、
始まる直前にはカップルが後ろに一組と
音楽マニアっぽい若者が一番前の列に陣取ってくれたのでホッとしました。

聖イジー教会コンサート風景
こちらの教会は音響がよいので有名みたいで、
チェンバロやバイオリンの音がよく響き渡りうっとり。
このムーディーな室内空間とあいまって、幻想的でした。
今でも時々思い出すくらい印象的なコンサートで、
新婚旅行のよい思い出となりました。

聖イジー教会コンサートメンバー
プラハロイヤルオーケストラの方々。

プラハに行く方は時間的に余裕があれば
ぜひこの聖イジー教会でのコンサート鑑賞をおすすめします。

VIP席 1000kc(約6000円)、A席 800kc(約4800円)、
B席 600kc(約3600円)

A席は教会備え付けの可動できない木の長椅子の前列の方で、
VIP席はそのA席の前に、よく体育館で使われるようなパイプの椅子が
並べられていました。

コンサートは観客より高い位置で演奏されるので、
VIP席を買わなくてもA席で充分じゃないかなと思いました。

ただ、A席だと外国のツアー客とかも結構いらしてたので、
入場したら早めによい席を確保されたほうがよいです。
VIP席も座席が決まっていないので、行った時に自分で席を選べます。

夜のプラハ城内
コンサート終了後、城内を旧登城道の方へ移動中。
この日は月がでていて、
まるで本当に中世の街に迷い込んだかのような風景でした。

夜のプラハ城衛兵
プラハ城の衛兵は24時間勤務。
門に立つ衛兵は、朝6時から夜10時まで。
1時間ごとに交代しています。

この時期でも夜は5℃以下になり、歩いているだけでも寒いのに
1時間ジーっとただひたすら立つだけなんて大変なお仕事です。
本格的な冬のシーズンはもっときつそう。

プラハ城から見たプラハ夜景
旧登城道への門を出たすぐ右側に、
プラハの夜景鑑賞にぴったりの場所がありました。

二人で写真を撮るのに夢中になっていると、
今までそこにいた外国のツアー客がバスに乗り込んでしまい、
二人だけしかいなくなってしまいました。

夜のプラハ城 旧登城道
夜の旧登城道。
こちらもムーディー。
でも辺りに人がいなくなってしまったので、
ここで不審者に囲まれたらヤバイと思い、
ドキドキしながらトラムの停留所まで急ぎ足で向かいました。
| yuki | 2007中欧新婚旅行記 | comments(2) | - | - | - |


Comment
2007/12/07 9:50 PM posted by: 香取
昔の作曲家バッハなんかは、教会のオルガニストですよね。クラシック音楽は全て、教会から始まっています。
だから、きっと教会での音楽は,本当の音響で聞こえるのでしょうか。だって、もともと作曲した人たちは、サントリーホールなんて想像もしなかったでしょう。

演奏は上手でしたか?
やっぱり、ヨーロッパは素敵ですね。
そして、本当にプラハという街はすてきなところですね。
石の文化。色々なものを見て来た建造物たちなんでしょうね。何百年もの人々の生活を。

なんだか、ず〜〜〜っとyukiさんたちと旅行させていただいているみたいなんですが、相当な量の写真達ですね。すてきな写真ばかりで、毎回うっとりです。
2007/12/08 11:47 AM posted by: lumiromi yuki
香取さんへ

この記事の一番上の写真(トラムの)に写っている塔の建物は、
聖ミクラーシュ教会と言って、モーツァルトもこの教会のオルガンで
演奏したことがあるそうです。
私達は何度もこの教会のそばは通っていたのですが、
中は見に行かなかったので後悔しています。

演奏は、主人曰くソリストはなかなかうまかった
(たぶん観光客相手に何度も何度も演奏しているのでうまいのではと言ってました^^;)が、
後ろの演奏はそれほどでもなかった(辛口)そうです。
そりぁウィーンフィルとかチェコフィルに比べると劣るでしょうけれどね〜。
素人目の私からすると会場の雰囲気もあってかなかなか良かったですよ。

プラハいいですよ〜。
年々観光客も増えているそうです。
結構プラハはCMで使われていて、今だとスズキのS×4
(西本智実さん指揮の新世界が流れるCM)、
日産マーチ、DAKARA(ブタのキャラ「ピグリン」が踊るCM)などがあります。
お正月に放送される「のだめカンタービレ」のスペシャルでは
プラハも登場するので、私達も楽しみにしています。
(ロケは私達が帰ったすぐ後にやったみたいなので残念でした)

最近写真の多いブログになってしまいすみません。。。重いですよね(>_<)
これでも莫大な量のデータからかなり厳選して載せているんですよ。
ブログにまとめるのも結構大変だったりするので、
休み休みやっていたら、あっという間にもう1ヶ月以上も旅行記を書いていることに。。(^_^;)
本人としては、あぁこうだったなぁとか思い出しながら書いているので、
結構楽しんでやってます。
もうあと少しで終了ですので、最後まで楽しんでいってもらえたらと思います。
name:
email:
url:
comments: