なまけたろうの絵本
頑張りすぎているあなたへ








アフィリエイターの為のアフィリエイトプログラム








ランキングはこちら♪ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


















無添加「和風だし」280円のお試しセットが送料無料!














無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
電球型蛍光灯から白熱電球へ
白熱電球へ 2009年12月
我が家のダイニングテーブルの上にある照明を
「電球型蛍光灯」から「白熱電球」に替えました。
時代に逆行してますよね^^;
同じワット数なのに白熱電球の方が明るい〜。

電球型蛍光灯は電気代・発熱量約1/5など、たしかに省エネではあります。

ですが、最近ちょっと調べ物をしてる時に電球型蛍光灯の危険性というものを目にし、
恐くなったんです。

危険性というのは、紫外線、電磁波、水銀など。

カバーなどで覆われていれば危険度も少なくなるらしいのですが、
うちのは電球むき出しタイプの照明だし、
吊り下げ式なので頭にも近く危険度大。
目の疲れや頭痛がよくあるのはそのせいかしら?とも思ってしまいました。

なので、とりあえず白熱電球で様子見してみます。
| yuki | 思うこと | comments(2) | - | - | - |


Comment
2009/12/23 3:16 PM posted by: rinkyohhen
こんにちは

確かに省エネを考えた場合蛍光灯の方がいいのかもしれませんが、眼にやさしいのは「電球」だと思います。
ダイニングでは食事の他、くつろいだりすると思います。長い間いるわけですから
体にやさしい採光がいいですよね。
私も蛍光灯はちょっとまぶしいな〜と思うことがあります。蛍光灯もいろんな色がありますがやはり真っ白ではなくやや黄色っぽいのがいいかな〜

でもいちばんは自然の光かな?
2009/12/23 5:32 PM posted by: lumiromi yuki
rinkyohhenさんへ

こんにちは!

電球の方が眼が疲れないし、色がやさしいですよね。

うちも電球型蛍光灯は「電球色」を使っていました。

たしかに自然の光には勝てませんね。
一番の省エネは早く寝て早く起きることですね。


name:
email:
url:
comments: